着物をより高く売るために

着物をより高く売るために

着物を少しでも高く売るためには、まず、良い状態で着物を保管しておくことが大切です。着物を着た時すぐにクリーニングをしておく、クリーニングをしない場合は、自分でしみ抜きや衿袖の垢落としをしておくなど、しっかり汚れを落としておくことが大切です。

 

着物はデリケートな衣類ですから、ちょっとした汚れだから、と思っていても長年の間に染み付いてしまいその価値はかなり下がってしまいます。シミや黄ばみはそれだけで金額を落としてしまいます。着物は湿度にも弱いものです。十分乾燥させることと湿気がない場所で保管することが大切です。洋服と同じで、人気のあるデザインや希少価値の高い着物も高く売れる可能性が高いので、そのような着物を選んで購入するのも一つの手ですが、購入する時に売る時のことを考えて購入するということはあまりないでしょうから、現状、高く売るためのポイントとしては、やはり保管状態を良くすることが一番効果的だと言えます。

 

着物は、衣類の分野でもありますが、ある意味美術品や芸術品の分野とも言えますので、リサイクルの範囲と骨董品や古美術といった範囲を掛け合わせたような考え方になります。それぞれの視点から査定して総合的な価値で買い取ることになります。